世界自然遺産

お問い合わせ

フォントサイズ


新着情報

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(奄美・沖縄)」の世界自然遺産登録が決定しました!

2021年7月26日

2021年7月26日に、世界遺産委員会によって、鹿児島県から沖縄県の南西諸島にまたがる「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(奄美・沖縄)」が、きわめて貴重な生物や生態系を有しており、世界自然遺産として相応しい地域であることが認められました。

「世界自然遺産」とは、世界で唯一の価値を有する重要な地域として、「世界遺産委員会」で認められた、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産のことと定義されています。

世界自然遺産に登録される条件としては、「自然景観」「地形・地質」「生態系」「生物多様性」の4つの評価基準のいずれかを満たしている必要があり、今回登録された「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」は世界遺産委員会の諮問機関であるIUCN(国際自然保護連合)により、「顕著な普遍的価値を有する、地形や地質、生態系、絶滅のおそれのある動植物の生息・生育地」であると認められました。

国内では、すでに、知床、白神山地、屋久島、小笠原諸島が世界自然遺産として登録されており、今回の奄美・沖縄エリアの世界自然遺産登録は、日本では5か所目、10年ぶりの登録となります。

   

Page Top